オフィスレイアウト 事例

働きやすいオフィスレイアウトの事例を紹介します

昔はお仕着せの様なオフィスが多く、机は向い合せになり、箱詰めオフィスの上座に上位がいて仕事を監視している、応接間は別の部屋、もしくは簡単な衝立を利用したものとなり、机はオフィス用の典型的なものという、まさに昭和から継承したようなオフィスを多く見ました。しかし昨今のオフィスレイアウトの事例を見ると、その様なものだけでなく、机からすでに違うという物を多くみます。空間を上手に利用しながら必要最低限を揃えるオフィスや、適度な空きスペース、個人スペースを作るための机ごとに存在する衝立など、会社の特色が出ています。その多くの事例を見ていると、どれも会社の理念や、職種、特色を重視しており、仕事を効率的に進めるためのレイアウトと、居心地の良い空間を両立しているオフィスレイアウトが多いということです。

オフィスレイアウトの重要性を事例によって知る

狭い場所に荷物も机も敷き詰める形のメリットは場所代を抑えられるという点ですが、それ以外には全くメリットがあるとは考えにくいものです。それは人には適切なパーソナルスペースがあり、それを阻害されることで精神的に辛くなるという方は多く出てきます。かといってただ広く取るだけでは、社員同士の連絡の手間や、連帯感、仕事のしやすさに影響がある上に、無駄なスペースにお金をかけることになります。適切なオフィスレイアウトを行うためには、プロに相談することが一番であり、事例を見せてもらい、自分たちの仕事がしやすそうな配置を理解していることを確認することが大切です。共同作業が多い仕事に、仕切りを付けてしまっては、作業に滞りがでることになり、結局共同作業専用のスペースを作る羽目になります。

オフィスレイアウトの事例が自分達に合うかは別です

もちろんオフィスレイアウトは会社に依頼せずとも、人員さえいればできる事です。一番簡単な方法は机といすを移動させるだけです。もちろんパソコンなど大きなものがある場合は多少の苦労をしますが、他社や外部の人間に手間を取らせることもなく、また機密関連を気にすることなく作業ができます。しかし人は固定観念に縛られる生き物で、その業界を良く知っていても、今まで仕事ができていた環境から新しくするときに、どうしても今までの自分のオフィスのイメージが払しょくできずに、思ったような効果が現れないオフィスレイアウトになります。また事例を参考にしても同様で、その事例通りが本当に適しているのかは難しい点です。それらを客観的に判断し、内装工事などにも着手してくれる会社を探すことで、より効率的なオフィスを手に入れることができる可能性があります。

世界中で活躍する日本企業のオフィス環境構築をお手伝いし、日本企業の業績向上へ貢献出来るサービスがメリットです。 対象エリアは東京、名古屋、大阪の大都市を拠点に置き、2011年9月には現地法人をベトナムにも開設しました。 当社は「日本一お客様を大切にする」という信念の元、心をこめたサービスの提供をお約束いたします。 オフィスレイアウトでお悩みの方へ!まずは事例をご覧ください!