オフィスレイアウトで効率化を図れる様々な事例

働く環境といえば、福利厚生ですが、物理的な環境を整えることも、仕事の効率化を図れることは知られています。オフィスレイアウトは一室だけの環境と、フロアだけでなく会社全体のレイアウトとさまざまな観点がありますが、空間を効率的に働けるツールとして使いこなすことが重要になります。多くの事例がありますが、例えばIT企業などで社員の机の位置を固定しないフリーアドレス式というレイアウトがあります。言ってしまえば机の上は綺麗に片付けられており、必要な資料は机では無く別の場所に保管をし、パソコンは持ち歩く、別の場所に置き好きな時に取り出し好きな場所で仕事ができるという方式です。机の上が何もない空間は、例えば喫茶店で仕事をする状況を考えていただければ分かり易いと思います。自由に行き来をし、相談をしたい同僚や、ひとりでゆっくり仕事がしたい状況など、その時の自分に合わせた仕事の仕方ができます。

オフィスレイアウトには様々な事例が存在する

オフィスレイアウトのタイプには、フリーアドレス式以外に対向式レイアウト、同向式レイアウトと呼ばれるデスクの方向が定められており方式があります。対向式は、部署ごとになどにデスクを固め、向い合せになる方式で事務職や営業職で使われることが多い、古いタイプともいえるレイアウトです。島型とも呼ばれています。部署間でコミュニケーションも図りやすいメリットがあります。同向式はスクール式とも言われ、同じ方向を向いてデスクを置いている形をさし、銀行やテレフォンオペレータに多く採用されています。こちらは作業にひたすら集中する方式です。同じように作業に集中する方式としてブース型がありパーテーションで囲い小部屋を作っていく方式であり、ITの中でもプログラマやデザイナーのように制作中に大きな集中力が必要な仕事に多く採用されています。タイプ別に事例を見てみるのも楽しいです。

オフィスレイアウトの事例をみると無駄が省かれていることもある

オフィスレイアウトは自分達が作業するスペースの他に、お客様を通すスペースの確保も必要です。また広くフロアを利用している場合や、自社でビルや建物を持っている場合は、全体のレイアウトも考える必要があります。例えば通路ひとつでも、狭すぎず、広すぎず適切な広さとして、人がすれ違うための幅は、1m30㎝程度は必要であると言われており、1人が通る通路であれば80㎝ほどが必要であると言われています。狭いよりも広い方がいいですが、過剰な広さは空間の無駄ともいえます。その空間にどのような心理的効果があるのかを計算されていれば問題はないですが、ただ広いと言うのは、うすら寒さを感じる可能性もあります。また無駄な空間に家賃や土地代を支払っているという考え方もできます。事例をみていても、空間は計算されており、無駄は省かれている事が多いです。