オフィスレイアウトを変更して働き方改革を実現した事例とは

近年叫ばれている働き方改革では、残業時間の削減、時短勤務で子育てや介護との両立、副業等の柔軟な働き方等が提起されています。しかし、働く時間を減らすだけでは会社の生産性が落ちてしまいます。それを解決するオフィスレイアウトの事例に注目が集まっています。基本的なレイアウトとしては、部署ごとに机を向き合わせて配置し、コミュニケーションを図りやすく通路の確保もできる効率の良い配置の「対向式レイアウト」、対面で机を配置し複数の人が自由に席を利用できる、外出の多い営業職向きの「フリーアドレス式レイアウト」、個人の席をパーテーション等で囲う、集中力を必要とするクリエイティブな仕事向きの「ブース型レイアウト」、チームごとに背中合わせに机を配置し、チーム力を高められる企画や開発向きの「背面対向式レイアウト」があります。

コミュニケーションに着目した人気のオフィスレイアウト

オフィスのレイアウトを、それぞれの職務に合ったものに変えることで、仕事の効率を上げることができるのはもちろんですが、最近では、従業員の休憩スペースや、経営層を含めたオフィスレイアウトに着目した事例が多く、社内のコミュニケーションに注目したレイアウトが人気です。喫煙スペースだけでなく、禁煙者も集えるようなスペースを設けることで、部署を越えたコミュニケーションがとれ、社内の活性化、業務の改善につながります。また、社長室を設けず、従業員と経営層との距離を縮めることで、経営層が従業員の声をより早く的確に受け取ることもできます。部署ごとの垣根を取り払ったレイアウトや、ガラス張りの会議室も、従業員同士のコミュニケーションや社内の風通しの良さに重点を置いたレイアウトと言えます。

生産性を上げるためにかかせない従業員のモチベーション

会社の生産性や仕事の効率を上げるためには、従業員のモチベーションを上げることが大切です。綺麗でお洒落なオフィスでも、従業員の意欲が下がっていては、仕事の効率は上がりません。そのためのオフィスレイアウトの有効な事例としては、従業員の居心地がよく、働きやすいと感じるよう環境を整えることです。働く場所の環境を整えることにより、従業員のモチベーションが上がり前向きに仕事に取り組むことができ、円滑に仕事が進み、豊富なアイデアが生まれ、仕事の質を向上させることができます。そして、働き方改革に沿った、豊かで幅の広い働き方を実現することができます。まずは、自社の従業員が働きやすいと感じる環境、求める居心地の良さをピックアップし、それに合ったオフィスレイアウトを考えてみるのがいいかと思います。